babysigns.

トピックス

2019.12.23義父・義母との関わり方

こんにちは!

茨城県つくばみらい市で「みらい平ベビーサイン教室じょんこ家」を主宰しております川上佐知子です。

年末・年始に赤ちゃんと一緒に初めて帰省する方もいらっしゃると思います。

今日は「おじいちゃん・おばあちゃんとのかかわり方」についてお話しさせいただきます。

さて、実はここだけの話、

「おじいちゃん・おばあちゃんと過ごすのが苦手…」

というママさんがいらっしゃるのではないでしょうか?

実は私もそのうちの一人(汗)でした。

茨城特有の「なまり」が苦手で緊張と言いますか窮屈に感じてしまった時期がありました。

広い敷地内にはたくさんの川上の家(親族の家)があり嫁いできたのは私だけ…。

かなり孤独を感じていました。

でも長女が生まれ、娘がベビーサインでお話しするようになってからはだいぶ打ち解けたように感じます。

おじいちゃんはお庭の木を切る仕事をしているから「チョキチョキ」で【おじいちゃん】

おばあちゃんはいつまでも元気でいてもらいたいから「力こぶ」で【おばあちゃん】とオリジナルのベビーサインを作った過程を伝えました。

オリジナルのベビーサインだという事に始めはあまり価値を持たなかったように感じましたが、娘がたくさんのベビーサインを使う中で自分だけの特別なベビーサインがあると気づいてからは義母・義父もベビーサインを使ってくれるようになったと記憶しています。

ベビーサインをはじめた当初は義母から「なんだそれは?」と言われ酷く傷つきましたが、今思えばただ聞いただけだったのだと思います。

ベビーサインはコミュニケーションツール。

ベビーサインでおじいちゃん・おばあちゃんとも会話が増え、段々とコミュニケーションをとることができたように感じています。

結婚して、いきなり家族になるわけですから生活のギャップや価値観のズレがあって当然。

少しずつ時間をかけて家族になっていけばいいと結婚15年目、4児の母となった私はそう感じています。

これはあくまで私の考えです。

あなたの心が少しでも軽くなればと思いお話しさせていただきました。

 

川上佐知子

茨城県つくばみらい市・土浦市にて教室開講しています。

みらい平ベビーサイン教室じょんこの家

じょんこの家のベビーサインクラス@イオンモール土浦

https://ameblo.jp/25253125sk/

じょんこの家の「じょんこ」とは茨城の方言で「いいこ」と言う意味があります。

郷土愛を大切に気取らず温かな雰囲気で楽しむ育児を応援しています!

2019.12.12育児疲れ

こんにちわ!

ベビーサイン講師の谷口です。

 

こちらのブログではママ・パパのお悩みにお答えしていくのですが

 

今回のテーマは『育児疲れ』

 

疲れますよね。。。人間を育てるのって本当に大変!苦労の連続です。

 

その苦労が正解なのか分からず不安で、うまくいかなくてイライラしてそんな自分に落ち込んで。。。

 

育児の疲れは時には深刻な事態にまでママやパパを追い詰めてしまうことも。

そんな『育児疲れ』の理由と解消法をご案内します。ぜひご参考になさってみてくださいね(^^)

 

  • 理由1 期待しすぎている

我が子に「こうあってほしい」「こうなってくれたらいいなぁ」と感じるのはとても自然なことですよね。

子供がそれに応えてくれた時は本当に嬉しいもの。

しかし無意識のうちにドンドンと子供に理想を求めすぎてしまう傾向があることも事実なのです。

「なんで寝てくれないの?」

「なんで少しくらい待てないの?」

「なんで静かにできないの?」

と『なんで』が増えてきたら育児疲れが溜まってきているサイン。早めに対処しましょう。

  • 理由2 予定が狂わされることが許せなくなる

段取りを組んで準備して、「さぁ出かけるぞ!」と抱き上げたらまさかのウンチ。しかも漏れてる。。。

育児あるあるですよね(泣)

時間に余裕を持っているはずなのに、こんな時に限ってグズりだしてスムーズにおむつ交換や着替えができずに

予定がめちゃくちゃ。。。しかも大事な予定がある日に重なる。。。

そうしてこうなるの!私はきちんとやってるのに!!いい加減にして!!

そう感じることがあっても自然だと思います。まずはご自分を責めないでください。

しかし相手はまだ「理屈」の無い世界の住人。ちょっと捉え方を変えてみましょう。

それではどうしたら良いのか?

 

オススメは「軽い運動」と「赤ちゃんを外国からの転校生と思って接する」の2つです。

 

まず「軽い運動」。運動が心に与える影響はとても大きいです。

子育ては体力勝負!ストレッチ・筋トレで赤ちゃんに負けない体幹作りを。そして有酸素運動でリフレッシュ。

沢山やらなくても数分ずつでも大丈夫。量より続けることが大切です。

お子さんが寝ている間に筋トレやストレッチを、お子さんが遊んでる時に汗ばむ程度の有酸素運動を。

リズミカルな運動をすることで幸せホルモンといわれる「セロトニン」が増えるということが言われています。

イライラ対策、身体から心にアプローチはすごく効果的ですよ!

ちなみにお子さんが起きていたら『ピカピカブー』や『からだ☆ダンダン』『パプリカ』など全力で踊ると

有酸素運動しながら赤ちゃんと遊べたり、赤ちゃんが運動に興味を持つきっかけになることもありますよ♪

 

 

そして「赤ちゃんを外国からの転校生と思って接する

実は赤ちゃんは「日々恐怖と戦って」います。それは大人と違って「成長することは良いこと」だという概念がないから。

凄まじいスピードで成長する赤ちゃん。

例えば視力。最初見えなかった目がドンドン見えるようになることは親からするととても嬉しいですが、

赤ちゃんにとっては「お昼寝して目が覚めたら急にいろんな色が見えるよ~さっきの世界と違うよ~!」

とびっくりしてしまうのです。だから怖くて眠いのになかなか寝なかったりするのです。

人間として生まれたことも、成長が楽しいということも、知らない赤ちゃん。

それは全く言葉の通じない全く知らない国で1人ポツンと生きていかなければいけないようなもの。

自分以外の「都合」が理解できるまで脳の成長が追い付いていないのです。

赤ちゃんを外国からの来た転校生だと思うと、全てではないですが結構イライラが減りますよ(^^)

 

今回は2つご紹介させていただきました。育児疲れを感じたら、ぜひ試してみてくださいね!

 

 

えりママ

育休中にベビーサインと出会い資格取得。ママと赤ちゃんを同時にケアしたいと健康ライフ指導士資格と併せて

「ベビーサイン&骨盤ビクス」の教室を富山市にて開講中。

https://www.babysigns.jp/author/127-1249

2019.11.27育児のお悩み第1位は??

2019年10月のベビーサインイベントにご参加いただいた方に

Webアンケートを実施したところ、721名に回答していただきました。

 

子育てのお悩みはありますか?

という質問の答えで1番多かったのは何だったでしょうか??

 

 

ヒントは・・・・

 

ベビーサインイベントに参加した赤ちゃんの平均月齢は8,5ヶ月です。

 

実はグラフでもお分かりのように、

【おむつ替え】 がダントツで1位なのです。

生まれてからネンネの頃は楽々だった【おむつ替え】も

赤ちゃんが成長して活発になってくると

じっとしてくれないので困ってしまうママやパパが多いようです。

一つ前のブログでは、【おむつ替え】のお悩みにお答えしていますので

ぜひご覧ください。

 

次回以降、アンケートのお悩みで多かったテーマを順次取り上げていきますのでお楽しみに!

2019.11.26おむつ替え

ママたちからお悩みとして相談されることの多い「おむつ替え」。
動けるようになってきた赤ちゃんたちは、おむつを替えようとすると、嫌がる、泣く、逃げ出すなど、ママの方が困ってしまう元気な動きをすることが多いですよね。
じっとしていて欲しいので、おもちゃでは飽き足らず、その間だけでもスマホを渡してしまう・・・なんていうお声も聞きます。
あの手この手で、ママたちは苦労しているようです。毎日、お疲れ様です。

赤ちゃん目線で見てみると、「おむつ替え=急に動きを止められる」という嬉しくない時間になっていないでしょうか?
ママたちは、お尻がかぶれたらかわいそう、気持ち悪いだろうから早く替えてあげたいという思いかもしれません。または、おむつが汚れたら替えるのはあたりまえ、と思っていらっしゃるかもしれません。
でも、赤ちゃんにしてみたら・・・そんなの関係ねえ!(古いですね笑)なのかも(^^;
赤ちゃんにとっては、おむつを替えることよりも、いま目に入ったおもちゃが気になる、あっちに行きたいのに、などもっと優先順位が高いことがあるのです。

おむつ替えを「汚れたら替える」というルーティンな作業から、「コミュニケーションの時間」と捉えてみることをおすすめしています♪

「おむつ替え=急に動きを止められるつまらない時間」ではなく、「おむつ替え=ママと楽しく遊べる時間」にしていきましょう。
急にシフトすることは難しいので、まずは日頃からおむつ替えの姿勢のようにコロンと寝転がった時に、大好きなふれあい遊びをしたり、寝転がった時だけの特別なお歌を歌ったりなど、「コロンと寝転がると、おもちゃよりも楽しいママとの時間」があることを体験させていってあげましょう。
まだ動かないネンネの赤ちゃんの場合は、早い時期からそのように関わっていると、動き出すようになっても、おむつ替えに困ることは少ないですよ。

まずは、これからおむつを替える事を伝えましょう。

ママにとってのあたりまえは、赤ちゃんにとってのあたりまえではありません。

【おむつ】をを替えるよ〜と、【おむつ】のサインを見せてからゴロンとしてもらいましょう。

コロンと寝転がってくれたら、ママからの「ありがとうね」「おむつ替えやすくて助かるよ」と、感謝の気持ちと言葉も忘れずに♪

先日も、1歳5か月になったお子さんのママから、「有難いことに、今までおむつ替えで苦労したことがないんです」と、嬉しいご報告をいただきました。
手早く済ますことだけでなく、赤ちゃんもママもより気持ちよく過ごせる方法を考えてみてください。
おむつ替えをコミュニケーションの時間にシフトしていきましょう♪

笑顔の子育て教室「blue bird」
講師:三宅美絵子(マスター講師)
ブログ:ママも輝く!怒らない子育て法 ~ベビーサイン教室と勇気づけ~ https://ameblo.jp/mitamieko/
開催場所:東京都中央区、江戸川区、千葉県佐倉市
1月スタートクラス募集中
連絡先:mi.mieko2@mbe.nifty.com

2019.07.22ベビーサイン協会のウェブサイトがリニューアルされました!

ベビーサイン教室のウェブサイトがリニューアルされました!

ベビーサインのことをみなさまに知っていただくために、わかりやすく・かわいく親しみやすいデザインになっています!

イベント情報なども更新してきますので、是非ご覧ください!