ベビーサイン協会認定講師 やまだまな

■活動エリア:名古屋市 星ヶ丘 
 
 

■ベビーサイン講師になる前なにしてた?

結婚するまでは、NHK大阪コールセンターで、結婚後は名古屋に来て、NHK名古屋放送局で事務職をしていました。

「おかあさんといっしょ」や「いないいないばあっ!」のポスターが貼ってある職場で仕事をしていましたが、この時はまだ、ワンワンの偉大さに気づいていませんでした(笑)

a19b7084-c717-4f52-b984-09026752c79a

その後、2010年に娘を出産して、専業主婦になり、未知の生物「赤ちゃん」を知る為に、赤ちゃん関連の本を片っ端から図書館で借りてきて読破している日々でした。

351ded3a-a521-4f5d-a370-d08cdc849284

赤ちゃんの事を知れば知るほど、赤ちゃんの賢さに驚き、賢い赤ちゃんの成長を邪魔しないように気をつけなければならないと心掛けて育児に励んでいました。その時から私の尊敬する人は、赤ちゃんである娘になりました。娘の育児については、いつもこれでいいのかと悩み、ママ友に相談したり、本を読んだり、ネットを検索したりと、ごく普通のお母さんでした。

 

■私とベビーサインの出会い

 そんな中、ちょうど娘を出産した産院で「ベビーサイン教室」が始まったので、娘が9か月の時にベビーサイン教室へ通い始めました。
教室に通って1か月くらいの時に「おっぱい」のサインが娘から返ってきました。この時の感動は今でも覚えています。
赤ちゃんってやっぱりスゴイ!! ベビーサインは赤ちゃんの気持ちがわかるって本当だった!!と確信に変わった瞬間でした。
 娘が幼稚園に通うようになり、少し手が離れたので、空いている時間できる仕事を探そうと思っていた時に、主人から「せっかく仕事をするんだったら、今だけの仕事ではなくて、生涯やっていきたい仕事を探したほうが、絶対にいいよ」と言われました。娘が幼稚園に通っている時間だけ、という短時間のパートを探していた私には、主人の言葉はハードルが高すぎました。

でも、これから40代50代となって年を重ねていく私がやりたい事はなんだろうと真剣に考えるきっかけになりました。

「生涯する仕事だったら、、、赤ちゃんと関わる仕事がしたいな、、、ベビーサインの先生になりたい」素直にそう思いました。家族の全面的なサポートがあって講師資格を目指す事になりました。

img-3149

■講師になってよかったことや変化

私、講師になって思いました。、、、講師に向いていないと、、、。何故なら、自分の教室を開くには宣伝しないといけないですよね。普通の会社員で普通のお母さんだった私が、どうやって教室を宣伝すればいいのか全く分からなかったのです。初めてブログを立ち上げて、チラシを作りました。、、、ここまでは出来ても、この先はどうしたらいいの?講師資格を取って1年ほどは、何も出来ずに途方に暮れていましたが、そんな時に一人のお母さんと出会いました。

 その方はダウン症のある赤ちゃん(ひさと君)を育てていました。ダウン症のある赤ちゃんは発達がとてもゆっくりです。でも、このお母さんはベビーサインがあれば、早くからコミュニケーションがとれるのではないかと考えていらっしゃいました。この出会いから、マンツーマンのレッスンが始まりました。

d5284ad5-f7c0-474c-970e-2fc9361e5052

 ひさと君が初めてサインをしてくれた時は、涙が出るほどうれしかったです。ごはん「もっと」食べる?の時に「もっと」とサインでお返事してくれたのです。ひさと君の成長に携わる事が出来て、ひさと君のお母さんと一緒に喜べた事は、私の講師活動の大きな財産になりました。

(ひさと君の事はブログでも紹介しています)

 その後、イオンでの体験会や企業での体験会などで沢山のお客様の前に立つ経験を踏んで、少しづつですが、ブログを見に来てくれる方も増えていき、教室に生徒さんが入ってくれるようになりました。

img-6793

 いまでも、自分の教室を売り込むような営業は苦手です。でも、ベビーサインを伝える仕事には全力を注いでいます。私の教室を見つけて、通ってくれている赤ちゃんとお母さんは本当にありがたいなと思います。

 ベビーサイン講師になって、たくさんの経験と出会いがありましたが、これからも、私の尊敬する人は「赤ちゃん」であることは変わらないと思います。

 ※これから、講師を目指そうと考えられている方へ

今では、私みたいに営業が苦手な講師に向けて、ベビーサイン協会がたくさんのサポートをしてくれています。すぐにでも教室を開講できるロケットスタート講座や、先輩講師から、直接学べる講座、各地域の講師同士の勉強会もたくさんあるんですよ。くわしくは、協会ホームページを見てみてくださいね。

コメントは停止中です。