ベビーサイン協会認定講師 高橋茜

■活動エリア:広島市 廿日市市 東広島
 
 

■ベビーサイン講師になる前なにしてた?

大学卒業後から出産するまでの十数年間、療育施設、耳鼻科、リハビリ病院、小児科で言語聴覚士をしていました。

言語聴覚士の仕事は社会的認知度はまだまだ低く、成人・小児領域と幅広いのですが、私はそのほとんど子どもさんの分野で働いてきました。1歳半や三歳児健診の聴覚、言語、発達面の評価、指導など保健師さんと一緒に行ったこともありました。

これまで勤務した病院がありがたいことに学ぶことに積極的なところで、私も言語聴覚士の仕事が大好きだったので、自分の余暇に注ぐ時間よりも、仕事ばかりをしていたという感じです。

 ですから、退職してからその反動で、パン教室、ランチ・スイーツ食べ歩き、ベビーヨガ…いろ~んなこと、親子で楽しみまくってます。

o1172155513999016302

■私とベビーサインの出会い

勤務してた小児科で、『ベビーサイン』という言葉をききました。言語聴覚分野でも『サイン』に関する指導法はあるのですが、『ベビーサイン』は初めて聞いたものでした。

 その後も漠然と子どもをもったら『ベビーサイン』したいな~と思っていた程度でした。それも、『言語聴覚士としてプラスになる知識だから』という理由。

そろそろベビーサインできる頃かなと体験会に参加し(このころはまだ私の学びがメイン理由)、体験会も楽しく、やっぱり本教室で学ぼう、と決意!いざ本教室に通うと、その内容に衝撃がはしりました!!

 歌あり、絵本あり、遊びあり、おもちゃあり、学びあり…いろんな楽しいこと、ためになることがぎゅぎゅ~っと詰まっていて、感動!

 それまでいろいろなベビーに関する教室には参加してきましたが、私の中では内容の質、私の満足度が違いすぎたっ!!

 乳幼児期のサイン、コミュニケーション、その他についても、ベビーサインの先生の知識、関わり方、教材は素晴らしいです。本当に、勉強されています。正直、『我、言語聴覚士、もっと勉強せんといかん!』と反省しました。

と、いろいろ感じる部分はあるものの、やっぱり楽しい♪っていうことが一番で毎回が楽しみでした。

o1529154413999016308

 

■講師になってよかったことや変化

o1879141813975429899

講師になってまだ日が浅いのですが、ベビーサイン講師になってよかったことは、「まだしゃべれない赤ちゃんとお話しできること」です。赤ちゃんって、大人が思っている以上のことに気づき、学びがあり、それを大好きなパパやママに伝えたいと思っている、その赤ちゃんの世界を一緒に共有・共感できることが何よりの幸せ、感動です。

 サインをしてくれた瞬間は、可愛さはもちろんのこと、『○○ちゃん天才~!』と親ばかならぬ、先生ばかになってます。

o1895199313999025124

また、赤ちゃんの通じた瞬間の満足いっぱいの笑顔も、講師として嬉しくてたまりません。ベビーサインコミュニケーションを通して、この笑顔の積み重ねが、赤ちゃんだったこの子が将来人に伝える喜び、コミュニケーションへの積極性、自己肯定感の高まりにきっと結びついてくるのだろうな、と感じています。

ベビーサインは期間限定のものですが、その時期に講師として自分が持てる全力を注いで、ベビーサイン育児を楽しむ親子が笑顔になってほしいと願っています。

息子はサインがなかなかでず、悩み、心が折れそうになったこともありました。そんな悩める時間がしいては言語聴覚士時代に出会った『ことばがでない』って悩むママたちの気持ちとして、少しわかった気がし、とても貴重な経験でもありました。悩めるとき、しんどいときこそ、それをサポートできる先生にもなりたいです。

o3511229513988498439

「先生のところきたらベビーサインの勉強にもなるけど、元気になれました~!また来ます!!」って言っていただけるような。

日々頑張るママたちに笑顔の花が『ぽ・ぽ・ぽ』と咲くように、しんどい時も正直あるけど、それでも親子で家族で一緒に前に進んでいけるように、そんな教室、講師活動をしていきたいです。

コメントは停止中です。