受講者の声

修了生に聞きました

主婦

東京都 井上知恵子さん

Profile

大学卒業後、OLや秘書を経験し、結婚を機に退社。

第一子とのベビーサイン育児に感動して、きちんとした形でベビーサインのすばらしさを伝えたくて、認定講師資格を取得。

教室では「先生が熱い!」と言われるくらい情熱的な講師。

ベビーサインを学ぼうと思ったきっかけは?

私より先に出産した友人がベビーサインを教えていて、実際にその赤ちゃんがおっぱいのサインをしているのを目の当たりにし、とてもとても感動したため。

日本ベビーサイン協会を選んだ理由は?

「赤ちゃんとお手てで話そう」の本で、妊娠中から予習をしていたので、迷わずベビーサイン協会を選びました。

認定講師になってから思うこと

いろいろなパズルのピースがぴたりとはまるかのような出会いや思いがあり、認定講師になって本当に良かったなぁとしみじみ思っています。 教職につきたかったので、夢がかなえられました。

これから講師を目指す人へひとこと

プレッシャーも多くあるお仕事ですが、プレッシャーがないと勤まらない仕事であることも事実です。ですので、常に教室に参加する親子さんからの期待をしっかりと心に感じつつ、教室運営をして欲しいなぁと思います。そして、サービス業であることも忘れてはならないと思います。 「顧客満足度100%!」なんてどこかの家電量販店ではないですが、でも、私は常にこのことをモットーにしています。 一人一人の人が、「この教室に通って良かった」と思ってもらえることを目指しています。


主婦

兵庫県 森田裕美さん

Profile

4 人の子育てとパートをしながら約15年人形劇を興行。

初孫誕生を機にベビーサイン講師資格を取得、孫だけでなくもっと広く知ってもらいたいと只今奮闘中です。

ベビーサインを学ぼうと思ったきっかけは?

たまたま育児書コーナーで、ベビーサインの本を見つけました。 それと同じ時期にニュースでベビーサインのインストラクターを育成中というのを知り、「家族のだれよりも早く孫と会話を楽しみたい」という思いと、「体が動く限り続けられる仕事だ」という思いで始めました。

日本ベビーサイン協会を選んだ理由は?

ネットで「ベビーサイン」でヒットしたのがベビーサイン協会でした(笑) よかったぁ!

認定講師になってから思うこと

おかあさんたちと一緒にベビーサインの素晴らしさを伝えていこうと、張り切っていましたが、個人事業主というのは、どんな仕事も軌道に乗せるのが大変だなあと思います。でも、やりがいはありますね。

これから講師を目指す人へひとこと

ベビーサインを通じて出会える赤ちゃんやおかあさんたち、一人でも多くの笑顔を目指して楽しい講師生活をしてください。

受講生プロフィールデータ

コミュニケーション能力の基礎を作るプロが育っています

受講生のプロフィールグラフ受講生のプロフィールグラフ受講生のプロフィールグラフ


主婦

東京都 もろはしゆかさん

HP

http://baby-chuchu.com/

出産前は幼稚園教諭として働いていたことと、自らのベビーサイン育児の経験を活かし、教室だけでなく、多数のイベントもこなすパワーウーマン。


塾講師

千葉県 安藤由美子さん

HP

http://plaza.rakuten.co.jp/chihhytalk/

開講5年。ブログ集客率ほぼ100%の人気講師に。子育てアドバイスも好評。


助産師

東京都 池田なおみさん

HP

http://www.mihikaru.com/

助産師とベビーサイン講師の資格をいかして、自由が丘に子育てサロンを開業。


看護師

東京都 小宮山美樹さん

HP

http://ameblo.jp/mikihiyo/

看護師の視点での講座内容が特長で、渋谷区・港区を中心に活躍中。その様子はテレビ・雑誌でも多く取り上げられる。


保育園園長

千葉県 横関りかさん

HP

http://www.weepee.jp/

毎日職場でかわいい子供達と過ごす中でもっともっとベビーの気持ちをくみ取ってあげられたら、と受講。保育施設、教室運営と日々大忙し。

受講生の声

  • 受講生がベビーサインのすべてをよく理解できるように、とてもうまく作りこまれたプログラムでした。
  • ベビーサインの教え方のコツが身につきました。これで自信を持って教えられます。
  • 最初はどうなることかと思いましたが、 人前で話したり歌ったりする自信ができました。
  • デモレッスンは準備に時間がかかり、とっても緊張しました。でも私の講師としての長所と短所がよくわかりました。これから講師として仕事をするために必須の体験でした。
  • 歌ったりサインをしたり、いっぱい頭を 使ったり、久しぶりに楽しい体験でした。

講師育成プログラム 詳細資料を見る