ベビーサイン協会認定講師 えぐちみなこ

■活動エリア:愛知県 刈谷市

 
■ベビーサイン講師になる前なにしてた?

学生時代に学んだことを活かせる会社で働きながら、休みの日には旅行や登山を楽しむ生活をしていたのですが、

o3072230413909826280

学生時代、やり残した事=税理士の勉強をしたくて、会社を辞め、派遣社員をしながら学校へ通う事に。5年ほど通ったのですが、リーマンショックのあおりを受け、派遣社員だったわたしは職を失うことになり、子どもが生まれるまではゆっくり専業主婦を楽しんでいました。 

■私とベビーサインの出会い

きっかけは息子の誕生でした。ダウン症のある息子は2歳過ぎてもおしゃべりしませんでした。当時のわたしは・・・
ぐずぐず言っているけど、なんて言ってるの?
泣いて何か伝えようとしてるけど、わからない・・・ わかってあげたい。
満足していないのに、いつの間にか泣き止んじゃった・・・ それでいいの?
『いただきます』 『バイバイ』はできる!これ、意思表示じゃない?! すごいじゃん!

今、わたしにできることはなんだろう・・・こんなことを考えていました。

2歳の息子はイヤイヤ期でもありました。おしゃべりもまだまだ先になる、それまでずっと気持ちを分かってあげられないモヤモヤした状態が続くのかと思うと何かしなくては!と考えるようになりました。

思い立ったら行動に移したくなるわたし・・・探してみると、家の近くでもうすぐ開講するベビーサイン教室がありました。これは行くしかない教室が呼んでいる~くらいの感覚で通うことを決めたのを覚えています。

o2477139413881506347

ただ、対象月齢から外れているし、ダウン症だし、いいのかな?という気持ちもあり、相談させていただきました。担当の先生は息子のこと、わたしのことを気遣って下さり、開講前に何度もメールで相談に乗って下さいました。実は今でも色々相談に乗ってもらっているわたし・・・。息子がくれたご縁です!
リハビリや言語訓練など楽しくない教室に通うことの多かった息子と、初めての習い事は楽しいベビーサイン教室でした。

 

■講師になってよかったことや変化

ベビーサイン教室に通っている頃は漠然と
『ベビーサインっていいなぁ~』
『みんながサインを使ってくれたら、息子も私もいっぱいおしゃべりできるのに・・・』
と思っていました。

なので、講師になる機会をずーっと狙っていました。講師になれば自信を持って『ベビーサインの良さ』を伝えられます。実際講師になる過程で勉強したことは、想像以上に素晴らしかったです。伝えたい気持ちが溢れてきました。

o2322412813888042043

わたしの子供たちはベビーサインを卒業しそうです。これからはかわいい赤ちゃんたちとママがお手てでお話しする姿をみるのが楽しみで、わくわくしています。そんなお手伝いをさせていただけるのはとても幸せです。特に初めての育児は心配や不安がいっぱいあるかと思います。そんなとき、教室に通って下さるママさんの気持ちが和らぐ場所にもなるように教室作りをしていきます。

o1226092013909851623

コメントは停止中です。