ベビーサイン協会認定講師 鈴木恵理子

■活動エリア:東大和市

 
■ベビーサイン講師になる前なにしてた?

学生時代にフラメンコ舞踊にはまり、一時は踊りで身を立てたいと思い、アルバイトをしながら10年程、家族や周りの方々に支えて頂きながら、インストラクターをして頑張っていた時期もありました。

o0697110913884408846

そこで、子どもたちに出会い、かわいらしさやスポンジのような吸収の早さに感動し、幼児教育に関わる仕事を目指すようになりました。

その後、天文台で事務仕事をしながら、保育士免許をとり、通信大学で幼稚園教諭の資格も取りました。

 

天文台では、優しくて温かな上司、先輩方にどれほど助けて頂いたか、今思い返しても感謝の気持ちで胸がいっぱいになります。この職場だったからこそ、次のステージに進めたのだと思っています。

 

■私とベビーサインの出会い

 

教育実習で訪れた幼稚園で声を掛けて頂き、幼稚園教諭を務めたのち、縁あって結婚をし、離職しました。

そして、中学生の頃の夢だった(らしい)憧れのお母さんになりました。でも、幼児教育を学んできたにも関わらず、我が子の初めて育児におろおろしている頃、2011年3月11日を迎えました。

時代もあり、何を信じて良いかわからず、待望の赤ちゃんに恵まれながらも、霧の中を進むようなもやもやした時間を過ごしていた時に、ベビーサインと出会いました。

ベビーサイン育児が始まってから、我が子の小さな手からベビーサインが返ってくるようになると、そのあまりの可愛らしさに私は夢中になりました。

o0500050013876517186

(↑娘1歳1か月の写真)

「こんなに小さくても、色々なことを考えていて、感じていて、それを私に一生懸命伝えてくれるんだ」

私の中で赤ちゃんという生き物が、守るべきか弱き者という概念から、しっかりと意志を持った一人の人間という存在として認識出来、さらにこの頃から、ベビーサインで会話をする我が子をみて、

 

「うちの子可愛い」

 

とようやく手放しで思えるようになってきました。ベビーサイン育児で、ガチガチになっていた私の心が開放されたのです

 

この頃の私のように、様々な要因で、赤ちゃんとの生活を心から楽しめていないママや、今よりもっと楽しく子育てしたいママへ、ベビーサイン育児の魅力を伝えたい!と思い、日本ベビーサイン協会認定講師の資格を取得しました。

■講師になってよかったことや変化

 

色々な経験を経てベビーサイン講師という仕事にたどり着きました。道のりは長かったけど、今はこの仕事が出来ることに本当に感謝の気持ちと喜びでいっぱいです。

o0820054013815127360

月に1回クラスに通ってきて下さる赤ちゃん達。その成長を、ママ達と一緒に愛でることが出来るのが何より嬉しいです音譜

思えば自分が子どもの頃大好きだった所へ、ぐるっとまわって帰ってきたような感覚がしています。

 

これからもベビーサイン講師として、赤ちゃんとママの心を繋ぐベビーサイン育児を、多くの赤ちゃんとママ達に出逢って伝えていくことを楽しみにしています。

o1632091813881805288

コメントは停止中です。