ベビーサインの長期的影響 卒業生アンケート結果

photo08ベビーサイン教室に通っていた生徒さんに卒業後、追跡調査を行いました。
結果、ベビーサインが話し言葉や集中力、読書や手先の器用さにおいて様々な好影響が出ていることが分かりました。

教室に通っていた赤ちゃんが使えるようになったサインの数

使いこなしたサインは平均77個

最大300個以上使えるようになった赤ちゃんも!

effect01

赤ちゃんが使うベビーサインランキングベスト10

順位 サイン 人数
もっと 98人
おしまい 88人
おいしい 86人
おっぱい(ミルク) 84人
ねんね 83人
帽子 76人
飛行機 75人
バナナ 75人
イヌ 73人
ウサギ 73人
痛い 73人

お子様はおしゃべりだと思いますか

effect02

エピソード

photo14

  • 小さいころから知らない人でも自分からたくさんしゃべりかけていました。
  • 2歳の頃にはボキャブラリーが豊富で意味も理解して使っていると感じていました。
  • 思春期にはいっても食事や家族が集まる時にはたくさんお話をしてくれます。

お子様は集中力があるとおもいますか?

effect03

エピソード

photo32

  • 学校の先生からも集中力があるといわれます。
  • 幼稚園での工作の時間、他のお子さんが飽きて遊びだしている横で、一人黙々と作業を続けることができます。
  • 普段の生活でも集中力があり、宿題などもスピーディーに仕上がります。

お子様は絵本(本)を読むのがすきだと思いますか?

effect04

エピソード

photo17

  • 1歳の頃から1日に何冊も読んでといわれ文字が読めるようになってからは、一人で読むようになりました。
  • 字は読めないのに、ページを自分でめくりながら、ほぼ間違えのない内容で音読しています。
  • 読書感想文で入賞しました。本の感想を繊細に表現していると感じています。

お子様は指先が器用だと思いますか?

effect05

エピソード

photo31

  • 一歳半ばには教えてもいないのにお箸が使えるようになった
  • ちょうちょ結びがすんなりできた。絵を描くのも好きで細かい個所も描写することができます。
  • 幼稚園児の時にはかなり難しい切り紙を器用に仕上げていた

調査対象者のお子様のデータ

回答数:98名
回答対象:ベビーサイン教室の卒業生
お子様の年齢:2011年12月生まれ~2000年6月生まれ
男の子:51名 女の子47名
2015年1月20日集計